チーム体制のネットワークエンジニアと女性

ネットワークエンジニアの仕事は、体力的な要求も大きいことから、エンジニアの仕事の中でもあまり女性に好まれない傾向あります。そのため、長年にわたって男性によってその仕事の多くが担われてきています。
求人広告の上では男女の扱いに差はないものの、実際に応募する女性が少ないために、男女比は圧倒的に男性側に偏っているのです。

特にその肉体労働という面を強くしているのが、ネットワークの導入のプロセスです。
その際には大型機器の搬入や設置、細部に渡る配線を行っていかなければならないという仕事があります。こういった仕事は体力も必要な重労働となる場合も多く、必要に応じて微調整等も手作業で行わなければなりません。そういった面が見られてしまうことにより女性が担いにくくなっています。

一方、現場での作業の効率化の観点から、単独のネットワークエンジニアが一つの仕事に携わるのではなく、複数人が関わることによってチームで作業するということが増えてきています。
開発に携わったエンジニアは若干名であっても、導入の際に増員を行うことによって手際よく納入を終わらせるという動きがあります。
そのため、力仕事には関わらずに配置や配線の指示や点検を担ったり、クライアントとのやり取りを担当したりすることによって、女性がサポートとして活躍できる可能性が生まれてきています。
そういった面が注目されるようになると、女性のネットワークエンジニアも増えていくでしょう。