ネットワークエンジニアに求められる知識

ネットワークエンジニアは、ネットワークの構築に必要となる情報技術を広く深く知っていることが必要とされることから、それに由来する知識的な要求の大きさが苦労になることがしばしばあります。
ネットワークシステムの構築に際しては、新旧を問わず手に入れることができるネットワーク機器について理解し、依頼主の需要に対して最適なものを選定して紹介できることが必要です。

また、システム面の開発においても多様な開発言語の特徴について理解して、最適なものを選んでプログラミングを行わなければなりません。こういった機器のレベルから開発言語のレベルまでの広い知識を、絶えず最新の状態でつけていかなければならないのです。

そのための勉強に費やすエネルギーは多大なものになります。
そういった観点から、求人募集に応募する際にも最新の情報技術や情報機器についての知識について求められることが多々あります。現場についてから身につけるのでは、必要な知識量があまりにも膨大であることから困難を伴います。
それに労力を費やしすぎて実務に携われないような状況が生じないように、予め求人の時点でそのふるいをかけておく場合があるのです。

それにも関わらず現場で苦労することが多いのは、それだけ情報技術の進展が著しい速さで進行していることの影響があります。
そのため、ネットワークが重視される限りはネットワークエンジニアへの知識的要求は高まらざるを得ない状況になっているのです。